ジャコウネコ

ブラックコーヒーダイエット

ブラックコーヒーダイエット?

 

 

コーヒーにはまだまだ解明されていない多くの謎があります!

 

 

ダイエットに効くって知っていましたか?

 

 

コーヒに含まれるカフェインが、眠気防止に役立つことは誰もが知っていますよね!

 

 

テスト勉強や夜遅くまでの作業には欠かせない強い味方でもあります。

 

 

でもコーヒーに含まれる成分には、他にも重要なはたらきをもつものがあるのです!

 

 

コーヒーには、

 

 

クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。

 

 

その量はカフェインよりも多く、コーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっています。

 

 

ポリフェノールとは.

 

植物の光合成に伴って生成される植物の苦みや渋み、色素の成分となる化合物の総称です。

 

 

コーヒーポリノフェールの効能。

 

 

LDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防します。

 

肌の老化を防ぎ、美肌を作ります。

 

脳で満腹中枢を刺激して過食を抑制し、ダイエットに役立ちます。

 

血糖値の上昇を緩やかにし、空腹感を抑えます。

 

糖尿病や肝臓病のリスクを軽減します。

 

 

 

コーヒー1杯(140cc)には、
 
同量の赤ワインと同程度、緑茶の2倍ものポリフェノールが含まれています。

 

クロロゲン酸の役目とは

 

 

体内での脂肪燃焼に深く関わっているのが、肝臓や筋肉の細胞内にある燃焼器官 「ミトコンドリア」。

 

 

「脂質」は、ミトコンドリアにある酵素のはたらきで燃焼し、エネルギーに変換されます。

 

 

コーヒークロロゲン酸は、このミトコンドリアにはたらきかけ、脂肪の取り込みを促進。

 

 

「脂質」は、効率よく燃焼し、エネルギーに変換されるため、体脂肪が低減するのです!

 

 

カフェインとクロロゲン酸

 

 

カフェインには、リパーゼという消化酵素の働きを活発にする効果があります。

 

リパーゼは脂肪を分解する酵素です。脂肪はリパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されなければ燃焼できません。

 

脂肪は燃焼するまでに20分程度時間がかかります。

 

これは、脂肪がそのままでは燃焼されず、分解されなければいけないために、時間がかかってしまうからなのです。

 

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸にはカフェインと同様に脂肪の分解を促進する効果があります。

 

 

コーヒーダイエットの効果の高さは、カフェインとクロロゲン酸の両方に、脂肪分解を促進する効果があり、相乗効果を得られるからです!

 

 

コーヒーにこんな効果があるなんて、大発見ですよね!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ