コピ・ルピア

コピ・ルピアの起源

コピ・ルピアの起源

 

コピ・ルピアの原産はインドネシアです。

 

コピとは、コーヒー

 

ルピアはジャコウネコという意味です!

 

インドネシアの森から生まれ、

 

コピ・ルピアは世界で最も高級といわれる希少なコーヒー豆です。

 

コピ・ルピアができるまでに多くの奇跡が起こりました。

 

その物語をご紹介いたします!

 

背景を知ったうえで飲むと、また味わいが違うのではないでしょうか。

 

コピ・ルピアの誕生の歴史

 

元々インドネシアにコーヒーはありませんでした。

 

オランダ人がコーヒー豆を、

 

持ち込んだところから栽培が始まりました。

 

オランダの植民地だったインドネシア。

 

インドネシア人達は、オランダ人農園主の経営する

 

コーヒー農園で奴隷として働かされていました。

 

当時のインドネシア人達は、自分達でコーヒーを採取して飲むことを許されていませんでした。

 

地元農民はそんな厳しい状況の中、

 

手の届かないコーヒーというものを

 

なんとか飲んでみたいという思いから、

 

仕方なく森でジャコウネコネコのフンに残っていた、未消化の豆

 

を拾い集めて、キレイに洗って飲んでみたのです。

 

だがこのコーヒーは、苦味が無くとても良いアロマがあると評判になると、

 

コピ・ルアクはたちまち貴重なものとなったのです。

 

つまり、あの時代に奴隷制度がなければ、

 

この幻のコーヒーは存在していなかったかもしれません。

 

コーヒーにもひとつひとつストーリーがあるんですね!

 

バリスタが教えるコーヒーの発見伝説

 

コピ・ルピアはなぜ最高級なのか

 

実は一匹のジャコウネコから1日に採取できる豆の量は、

 

何とたったの3gなんです。

 

1か月に採取できるコーヒー豆の量は、個体差もありますが1kg前後程度です。

 

だから生産性が低いのです!

 

コピ・ルピアは、何で美味しいの?

 

一番の大きな理由は、

 

ジャコウネコには特殊なセンサーが備わっており、

 

本当に熟れた美味しいコーヒーの実だけを選んで食べるということです!

 

二番目の理由として、

 

ジャコウネコの腸内の特殊な消化酵素の働きにより、

 

コーヒーに含まれるアミノ酸が分解され、独特のアロマが生まれるというもの。

 

この過程で、他のどのコーヒーにもない複雑で絶妙な味の深みをコピ・ルアクに与えています。

 

アンチエイジングすごい効果があります。

 

老化の主な原因は「紫外線」「ストレス」です。

 

コピ・ルアクの生豆には、クロロゲン酸という強力なポリフェノールが含まれています。

 

クロロゲン酸は紫外線による皮膚のシミを防ぎ、老化を防ぐ

 

アンチエイジング作用や活性効果を除去する効果があるんです。

 

コピ・ルアクに含まれるカフェインは、体内のストレス物質を63%も減少させることが研究で分かっていて、

 

老化のもう一つの原因である「ストレス」に対しても絶大な効果があります。

 

女性には優しい効果が盛りだくさん

 

また、コピ・ルアクには、子宮がんや更年期の症状を予防する効果があるとされていて、女性には優しい飲み物なのです。

 

高価なだけはありますよね!

 

ジャコウネコによって生まれた、最高級のコーヒー豆、

 

「コピ・ルアク」

 

ぜひ試してください!

 

アンチエイジング効果がある【ジャコウネココーヒー】はこちらから!

 

おまけ

 

わたしがお世話になっているコーヒーショップさんです!

 

「もう普通のコーヒーでは満足できないあなたへ本当に美味しいコーヒーと幸せな時間を過ごしませんか?」

 




ホーム RSS購読 サイトマップ